続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

新技術

クラウドでの日本は、iPodにまけたWalkmanと一緒だと思う

(via isologue - 「クラウドコンピューティング」は日本の地位を低下させるのではないか?) クラウドコンピューティングというのは、(正確な定義はさておき)経済学的に言うと、「ネットワーク外部性」や「費用逓減」によって自然独占状態に近くなったネッ…

ソニーが超小型燃料電池を開発

ソニーは,手のひらにすっぽりと収まる超小型の燃料電池システムを試作した。 燃料電池とLiポリマ2次電池,制御回路などを組み合わせながら,50mm×30mm程度の寸法で実現した。 SONYが超小型燃料電池を開発しました。元記事を見ればわかりますが、手のひらに…

進化する食材加工技術

(via WBS) 食材加工技術が進化しています。 1cmあたり1トンの高圧で食物を丸ごとエキスにする技術、堅い食べ物を酵素を使ってやわらかくする技術、高圧電流を使うことで果物をスポンジのようにする技術。 これらの技術によって、今までは食べられなかったパ…

燃料電池が量産化へ

(via WBS) 燃料電池の実用化に向けて技術が続々と開発されてきています。松下が効率が39%の家庭用燃料電池を開発しました。2009年に実用的な機種を発売する予定で、2015年までに価格を50万円にまで引き下げる予定です。 クラレなどの素材メーカーも燃料電池…

復活する黒いダイヤ

(via WBS) 国内の石炭に注目が集まっています。大半は輸入に頼っていますが、石炭の国際価格が上昇してきたために国内炭が注目されているのです。 三菱マテリアルがセメント生産につかう石炭の2%を国内産に切り替えました。最大の供給国であった中国やインド…

レアアースの問題に直面する日本

(via WBS) レアアースとは希土類という希少金属の供給不安が広がっています。 問題は中国からの輸入が極めて高いこと。中国が国内への利用に舵を切ったため、国内への流通が少なくなっています。 たとえば、ハイブリッド車に使われるモーターにディスプロシ…

メタンハイドレードからのメタン抽出に成功

(via NIKKEI.NET) 独立行政法人の石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMET)がメタンハイドレートからメタンを連続抽出する実験に成功しました。 徐々に圧力を下げるという方法で6日間連続という長期間での抽出に成功しました。現在の技術を発展させることで、…

次世代の検索技術がビジネスへ

(via WBS) Googleで一挙に広がった検索ですが、Web上の情報が増えてきた現在では思い通りの情報が手に入らなくなりました。 そこで注目を集めているのが感性検索などといった新たな検索方法です。 NTTドコモは場所と時間にあわせてお店を紹介するサービスを…

机のがたつきを解消します

(via WBS) アジャスターで高さを調節できる机は多いですが、がたつきをなくすにはかがんで調節する必要がありました。 これを解消するのが石黒製作所が開発したフィッティーというアジャスター。 ダンパーの構造を利用したアジャスターで上からぎゅっと抑え…

広がりを見せるスケルトン&インフィル工法

(via WBS) 家を建てるときの新工法「スケルトン&インフィル」が広がりを見せてきました。 スケルトン&インフィルは柱を強くして耐震性を上げ、壁などを簡単に取り外しできるようにする工法です。 スケルトンが柱など構造物、インフィルは壁や内装などの中…

日本の資源の可能性

(via WBS) 金高騰のトレンドで、日本の金鉱山が見直されています。 日本で現役の金鉱山である菱刈金山は、1トンあたり40グラムの金が取れます。世界平均は1トンあたり5グラムなので、日本の金山は優秀な鉱山なのです。 このため、現在は閉山となっている日本…

特許流通がビジネスに

(via WBS) 日本は特許大国ですが、その半数近くが活用されない休眠特許となっています。 そこで出てきたのが特許ビジネスです。 パテントトロールと呼ばれ恐れられてもいますが、個人ではできない権利の保護や流通を助ける側面もあり、いちがいに悪いとはい…

低炭素経済に動く日本企業

(via WBS) CO2削減が叫ばれている昨今、日本はエコに配慮した経済に舵を切っています。 日産はカーナビにエコドライブ機能を搭載。燃費を良くする運転をユーザーに促すことでCO2削減をはかっています。 住友電工は高温超伝導素材での送電線を開発、電力ロス…

アルカリ溶液で水素を確保

(via 経済最前線 燃料電池車などで注目が集まっている水素エネルギー。 コストが安いのは天然ガスなどを燃やすことですがこれはCO2が発生します。環境に配慮した電気分解はコストが高いのが欠点です。 そこで考えられたのがアルカリ溶液を使う方法。アルカリ…

激戦続く、Blue-rayとHD-DVD

(via 経済最前線) 今年が本格的な普及と位置づけている次世代DVD。日本ではBlue-rayが優勢ですが、アメリカや欧州ではHD-DVDが優勢のようです。 確かに画面が大きくなりハイビジョンが普及してきた今では、次世代DVDが普及するというのも当然です。ですが、…

ヒラメキを技術化せよ

(via WBS) NECが新しくイノベーション開発室にはヒラメキを科学的に再現するための技術が詰め込まれています。 研究員の行動を数秒単位で記録、壁中にホワイトボードを置いてそれも記録します。 とにかく、人の行動を記録・解析してヒラメキを技術的に再現す…

今後、ゴミは高くなる

(via WBS) CO2削減やエコロジーが叫ばれています。そこで、でてきたのがリサイクルとゴミの燃料化。 クリエイティブ社は、ゴミを固めたペレットで特許を取得。35mの高さから落としても壊れない固さを実現したことで注目を集めています。 このようにエコに注…

WiMAXで変わる通信網

(via WBS) 次世代通信WiMAXが注目されています。界外メーカーのノキアとシーメンスも熱い視線を注ぎ合弁メーカーをつくって日本に進出してきました。 日本でも来年度には認可が下りる見込みで、3年以内に国民の50%がつなげるようにする方針。今後、一気に普…

バイオ素材に商機

(via WBS) 環境に優しいバイオ素材が注目を集めています。植物性プラスティックでは植物成分が分散せずデザインに何がありましたが、最新の技術では解消されました。 ある企業ではスーパーで入れる袋を止めるテープも植物繊維で作製、そのまま燃やしても大丈…

人口ダイヤに新たな可能性

(via WBS) 愛媛技術が開発したのが天然のダイヤより2倍硬い人口ダイヤ。 研究室のもともとのテーマは地球の内部構造で超高圧は高熱をつかった実験をしてきました。その過程で、これほどの硬さのダイヤが出てきたわけです。 人口ダイヤ自体は工具などによる精…

無料ドリンクはCM付きで

(via WBS) 自動販売機で無料ドリンクが飲めるものが現れました。その名はメディカフェ。 タッチスクリーンのメニューでドリンクが飲め、カップとスクリーンにCMが付く仕組みです。 自動販売機が普通の日本。もしかしたら、こういうのが標準になるかもしれま…

カーナビは付加価値で進化

(via WBS) カーナビの普及率は50%超。ですが、地図や検索機能など基本的な機能では差がなくなりつつあります。 そこで出てきたのが会社ごとの付加機能。例えばケンウッドではiPodの動画を見れる機能を付加、カーナビ上で巻き戻しや早送りもできます。日立で…

免震・制震対応で顧客拡大を狙う一戸建て

(via WBS) 地震対策が話題になってきました。マンションですと標準装備が普通ですが、一戸建てはまだこれから。 これをにらみ、ミサワホームが自社の制震システムを外販したり、中小企業が自社開発の装備でシェア拡大を狙うなど、販売が活発になっています。…

バックも可能、超小回りが利く自転車

(via WBS) ランドウォーカー社が出した新製品がハンドルが360度回る自転車。4輪車でハンドルが360度動き、ハンドルを180度回すとそのままバックします。 小回りが利く上に4輪で倒れにくいのが特徴のこの自転車。将来はスーパーの中とかで利用できるようにし…

ICタグを支えるフェリカ

(via WBS) 電子マネーなどで利用する出番が増えていのが無線ICタグ。これの基礎となる技術がSONYのフェリカです。 フェリカの技術とは、電池なしで電気を発生させる技術。読み取り機から発生する磁界でカードに電力を発生させる方法です。 ちなみにフェリカ…

図書館で本を使った検索システムを開始

(via WBS) 千代田図書館ではじめたのが本を使った関連文書検索。新書にICタグを埋め込んでおり、図書館の端末に本を置くと、その本の情報や関連する本の検索ができます。 関連検索に使える本は全部で3冊。本を使って検索することで自分の好みに合った本がわ…

有機ELディスプレイ実用化へ

(via WBS) SONYが年内に発売を宣言した有機ELテレビが注目を集めています。試作品は11インチですが薄さが3mmというのがポイント。サンプルを見た人ほぼ全てが後ろにまわって薄さを確認しています。出光とSONYの共同研究で有機EL材料の長寿命化を実現。TV開発…

日本を代表する修正テープ

(via WBS) オフィスの必需品、修正テープ。これは日本発で世界に広がっている文具の一つです。 開発したのがシードという会社の玉井さん。修正液で失敗してできたのが修正テープでした。 問題はノリ、強すぎるとテープにくっつくし弱すぎると紙に張り付きま…

日本を代表する修正テープ

(via WBS) オフィスの必需品、修正テープ。これは日本発で世界に広がっている文具の一つです。 開発したのがシードという会社の玉井さん。修正液で失敗してできたのが修正テープでした。 問題はノリ、強すぎるとテープにくっつくし弱すぎると紙に張り付きま…

バイオ燃料開発がすすんでいる

(via WBS) 日本でもバイオガソリンの導入が始まりました。この他にもホンダが麦や稲わらからエタノールを精製する実験をはじめたり、ムラサキガイからメタンガスを生成するプロジェクトがあったりとバイオ燃料の開発が進んでいます。 とはいえ、問題は山積。…