続 atsushifxの七転八倒

ウツ、発達障害の闘病記とIT関係のつれずれを書いていきます

技術

これから電気経済が来るんじゃないか?

ただの思いつきですが。 これからは電気というか、xxワットの電力がもらえる権利がメインで流通する経済が繰るんじゃないかということです。これからは電気自動車がメインになるなど、大半のエネルギーが電気となると思います。 また、個人で発電した電力が…

coLinuxからLANに繋げない。

Webを参考にして、coLinuxのTAPからLAN上のサーバに繋げようとしているのですが、うまくいきません。構成は、 LAN上のLinuxサーバ ( 192.168.10.41 ) coLinuxホスト ( 192.168.10.60 ) ホスト内TAP ( 192.168.40.254 ) coLinux ( 192.168.40.11 )この状態で…

Windows7を入れました。

休みで時間があったので、β版が公開されたWindows-7をWind Vogueにインストールしました。 無線LANドライバとWz Editorを入れたのですが、とりあえず問題なく動いています。 今後はいろいろとカスタマイズですね。MSI Wind Netbookの無線LANドライバーはイン…

モノ・サービスにはこの視点が不可欠。でも、技術があってこそ

「どうやって作るか」よりも、はるかに「何を作るか」の方が重要になっていった。どんなものであれば、自分を含め、皆便利に使ってもらえるのかがテーマになっていった。 モノにしろサービスにしろ使ってもらってなんぼの世界だからこの「何を作るか」は必要…

高品質で低価格を目指すべき

電子部品で日本製品のシェアが落ちているそうです。 理由は簡単。日本のは価格が高すぎるから。電子部品はハイテク製品ですけど、コモディティ化が進みやすい分野です。 世界最小のレベルなら日本の独壇場ですけど、そこまでえり好みしなければ台湾・韓国製…

環境にやさしいビン作り

(via WBS) ワインのビンに代表される色つきのビン。リサイクルに使えないのが欠点でした。 それを解決したのが和光化学工業。静電気を使った塗装方法を開発しました。 ガラスは絶縁体ですが、ビンの中に電極を入れるという方法で解決しました。 塗装なのでさ…

技術向上で生録ブーム

(via WBS) iPodなどからの派生で高温質なICレコーダーが出てきています。 そこでブームになっていたのが川のせせらぎやカエルの鳴き声などの生録ブーム。 業界トップのオリンパスも音を圧縮しないリニアPCM指揮のレコーダーを発売、人気を集めています。 狙…

航空機業界を目指す中小企業

(via WBS) 航空機業界は伸びが予想され市場規模は300兆円と見込まれています。これを狙って様々な中小企業が業界進出を狙っています。 菊地歯車は去年新規参入しました。自動車や建設機械の歯車を手掛けたこの会社は多品種少量生産で技術力を磨いてきました…

腐らない木材で需要を開拓

(via WBS) 低迷が続いている木材市場。そこで出てきたのが腐らない木材という新素材です。 秘密は無公害の樹脂。導管を使って樹脂を木材に樹脂を行き渡らせ、木材を真空パックにします。 現状、10年間屋外に放置した木材も新品同様に使えるとあって、耐久性…

缶もエコで選ばれる時代

(via WBS) 缶コーヒーや缶ジュースなど、日本では缶飲料が普及しています。でも、このための缶を作成するにはCO2が大量排出されたり、水を大量に使うなど環境に優しくないのが問題でした。 新しく出てきたのがポリエステルフィルムを張ったタルク缶。この方…

日本復活はモノ作りで

(via WBS) 日本の空洞化が叫ばれていましたが、そのトレンドに歯止めがかかってきました。 キーワードはマザー工場。人材育成や時勢だ技術の開発など、モノ作りの根幹にかかわり技術を開発する工場です。 これらの本質的な部分は日本に残し、他には真似でき…

人手のほうが価値がある

(via WBS) JRのキオスクで閉店状態のお店が多く大変になっています。というのも、希望退職で店員が多数辞めたため。 キオスクの店員は職人技で磨かれた人が多いのが特徴。例えば、おつりの支払いが5秒で済むなどのスピード接客が特徴です。 これは300円とか…

人手のほうが価値がある

(via WBS) JRのキオスクで閉店状態のお店が多く大変になっています。というのも、希望退職で店員が多数辞めたため。 キオスクの店員は職人技で磨かれた人が多いのが特徴。例えば、おつりの支払いが5秒で済むなどのスピード接客が特徴です。 これは300円とか…

日本の文房具は…

(via がっちりマンデー) 身近にある文房具。これにも日本のモノづくりの強さが秘められています。 まずは鉛筆。ここ数年、売上げが下がってきましたが中高年の脳トレという書き写しで前年比1.5倍となっています。ここで使われているのがユニ鉛筆。滑らかな書…

絵画のようにじゅうたんを織る

(via WBS) オリエンタルカーペットはじゅうたんでシェア8割の企業。絵画のように繊細なデザインが描ける技術が海外などから高い評価を受けています。 とはいえ、現在はインドなどから安いじゅうたんがでてきており、如何に付加価値を出すかがポイントとなっ…

試作市場が1.5兆円

(via WBS) いわゆる失われた10年で大企業は製品の試作を自前で行わなくなりました。その結果、試作品をつくるという市場がうまれ現在では1.5兆円にまで膨らんでいます。京都ではKRPが中心となって京都試作センターという窓口会社を作り、参加の中小メーカー…

地味な事業で業績UP

(via WBS) 好調な決算な三菱電機。その成功は競争の激しいデジタル家電を捨て、自分の得意な分野に選択と集中したことにありました。 SONYが半導体投資を大幅に減額するなど半導体市場は激しい競争にあります。 その中で三菱はPC1台ごとに表示する大画面ディ…

巨大水槽の秘密

(via WBS) 現在の水族館人気を支えているのが日プラが作成している巨大アクリル水槽。 1枚、3-5cmのパネルを何枚も重ねることによって大型水槽の水圧に耐えられるアクリル版をつくっています。 ポイントは接着もアクリルを使っていること。重ねたパネルを接…

リアリティでプラモデル化を獲得

(via WBS) プラモデル界で知られているのがファインモール。 紅の豚の飛行機やSTAR WALSのプラモデル権を唯一獲得している企業です。 ポイントは実物を徹底的に研究すること。ファインモールでは金型も自社製作することでミクロン単位の修正まで行っています…

自動ドアを支える中小企業

(via WBS) 現在の自動ドアは、自走式というドアと駆動モーターが一体化したものがメインです。 これを開発したのがナビテスコという中小企業。タイヤやケーブルなどを工夫し、自動ドアがうまく動くようにしています。 こういった中小企業が日本を支えている…

5mmの円盤で雷を逃がす

(via WBS) 避雷針のいうとただの針だと思っていましたが全然違いました。 特殊なセラミックがポイントだったのです。これが雷のエネルギーを吸収して熱として発散することにより、電気機器に影響が出ないようにしているのです。 しかも、粒子が均一で同じ方…

節水を可能にしたシャワーヘッド

(via WBS) 日本のシャワーヘッドのほぼ独占しているのが田川加工という中小企業。 決め手は節水。水の量は他社の半分以下です。 小さなアイデアを集めて大きな差にしている。 力のある企業ですね。

<em>“見える化”</em>で利益を伸ばせ

(via WBS) 売上げが伸びにくくなってきている現在、いかにコストを削減するかが問題になっています。そこで、利益を出す秘訣が見える化です。 見える化とは、通常では目に見えない部分をわかりやすい形で表示して目に見える形にすること。 見える化を究極に…

日本の食を支える冷凍技術

(via WBS) 食料を輸入に頼っている日本にとって、冷凍技術は要です。 ポイントはドリップという水が出ることを防ぐこと、もう一つは鮮度を落とさないこと。それを防ぐのが急速冷凍技術や不凍たんぱくですが、氷感という新技術も登場しました。 本来なら凍る…

社員を活用するために、進化するオフィス

(via WBS) オフィスがその形を変えはじめています。GolfDigestOnlineではオフィスに徹底的にこだわることで効率化し、一人あたり100万円のコストが削減できる見込みです。 集中するための個別スペースや屋外などの気持ちいい場所でミーティングできたりと、…

日本のポンプは何でも運ぶ

(via WBS) モーノポンプという製品があります。兵神装備という会社は、そのシェア9割を握っています。 このポンプがすごいのは運ぶのが味噌や粉末でも大丈夫、しかも素材を痛めません。 形や機構はわかっても、大事なのは形状やノウハウ。これは外には出して…

歯のない歯車が日本を支える

(via WBS) 液晶やプラズマTVといった高機能製品を底辺で支えているのが歯のない歯車マグトランです。 作成したのはエフ・イー・シーという中小企業。磁石を利用することで接触しないで回る歯車を作り出しました。 利点は計り知れません。まず、接触しないの…

自動車リフトを支える安全装置

スギヤス。自動車リフトの国内シェア7割を取っている大手メーカーです。 リフトを持ち上げているチェーンが切れたら命にもかかわります。そこで使われたのが安全装置がバネによるツメ。チェーンが切れたりした場合に瞬時にツメが動き、ラックと呼ばれるだん…

角度センサートップシェア

(via WBS) 長野の多摩川精機は角度を計るセンサーでTOPのシェアを守ってます。 ホンダのハイブリッドシビックや国立電場望遠鏡の土台など実はハイテク製品の基本となる技術。 やはりモノづくりは日本の王道みたいです。

ローラーコンベアーで物流革命

(via WBS) ローラーコンベアーは荷物が移動するときだけ動いています。これのTOPが伊藤電気。 ローラー自体にモーターを乗せるという発想で、連動式ローラーという新しい技術を開発しました。 ポイントは耐久性と安全性。これにより、他の分野にもこのモータ…